スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない力

昨日の稽古で行った内容の一部です。定歩(足を定位置から動かさない状態での重心移動の説明です。)
誰でも試すことができます。やり方を書きますので、よかったら次の通りにやってみてください。

1回目:
正面を向いて、脚を平行に肩幅よりも少し広めに開いて立ちます。両腕を前方へ地面と平行になる高さまで上げ、できるだけ前屈みにならないよう背筋を伸ばし、膝の角度が90°になるまでゆっくり腰を落とします。いわゆる空気イスですね。(※膝への負担が大きいので、膝の悪い方は止めておきましょう。)

その姿勢を作ったら、いったん元の楽な状態に戻します。

2回目:
次に、前方に伸ばした両手の辺りにコンクリートの厚い壁があり、そこに体を支えるのに十分な丈夫な金属の取っ手がついているとイメージします。その取っ手にしっかり掴まって、その取っ手に全体重をあずけながら、先ほどと同様にゆっくり腰を下ろします。

01 02

どうでしょう?2回目の方が、相当に楽ではないですか?

1回目の姿勢も、2回目の姿勢も、完成形の見た目はほとんど同じです。ですが、明らかに2回目の方が楽だったと思います。これは、体の内部で全身の筋肉が何を目的に働こうとしているか、その協調性の働きが異なります。

複数の人数で操作する大きなヨットが海上に2艘あり、同じヨットですが、一方には優秀なベテランクルーが乗っていて、もう一方には素人のクルーが乗っています。航海にでるとその2艘では動き方が全く違うでしょう。体の働きもこれと同じと言えば分かりやすいでしょうか。

このように、ただ姿勢をそっくりに真似ても、全身のそれぞれの筋肉が強調して何をしようとしているのか、その全体像の指令を体に与えている状態と、そうでない状態ではアウトプットは全く異なります。これが意識の訓練が運動に与える作用であり、いわば“見えない力”です。

稽古でひとつの姿勢や架式を習い、関節の角度とか外見をどれだけ正確にできるようになっても、実践で使えるようにするためには別の訓練が必要といえます。

ちょっと難しく書きましたが、中国武術の基本中の基本、ただの“虚実分明”です。傍目には見えないから、稽古してない人が多いんです。

福岡八卦掌教室 指導員/大和晋(やまと しん)
HP http://baguazhang.web.fc2.com/
スポンサーサイト

八卦掌表演(梁式老八掌)


 今年の三月に福岡県糸島市で開催された陳泮嶺中國伝統武術国際交流大会での表演です。第三代伝人の陳暁怡先生が先日動画記録を送ってくださいました。
 老八掌の第一掌から第四掌。
 ん~やっぱり、分からない人には武術には見えないでしょうね。私の所に学びにいらっしゃる方は、こうした動作における力と体の使い方を体験されると眼を丸くして驚き、そして喜んでくださいます。
 虚実分明、重心移動、外三合、身法、これらを意識して制御します。理論を理解して動けば、初めての人でも技をかけることができます。未体験の出来事ですから、そりゃできれば驚きですし、楽しいですよね。
 虚実分明、重心移動、外三合、身法などは意識しなければ見ることができません。“見えない力”なんていうと格好いいですが、家、高層ビル、鉄塔、橋など動かずに立っているものにも力学の理論とおりに見えない力が働き続けています。骨格構造を持つ人が、筋肉だけで運動していると理解する方が間違っています。気合いと根性ではどうにもなりません。
 最近ようやく多くのアスリートや指導者がこのことに気付きはじめたようです。伝統武術はスポーツ科学の生まれる前からこういうことを既に知っていたわけです。

福岡八卦掌教室 指導員/大和晋(やまと しん)
HP http://baguazhang.web.fc2.com/
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。