スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作業の意味


初めてこのブログにお立ち寄り頂いた方には、前書からご覧いただくことをお勧めします。

「身体操法で目標とする動作」で指の使用と脳への刺激の関係について書きました。ここでもう少し人の手作業の意味について付け加えたいと思います。人は手を使って道具を作るようになりました。二本足で歩くようになり、空いた前肢(両腕)を利用したということに何の間違いもありませんが、そこにはもう少し深い意味があります。道具を作る際に、特に細かい細工を施さなければならない時には、手や指先に体全身の振動が伝わってはいけません。体全身の振動が常に伝わっていたら、蝶蝶結びや、こまやかな彫刻なんてとてもできません。そこで体全体の協調性のある動作から、手作業(手の運動)だけを分離させる必要がありました。至極当たり前のことのようですが、四足の動物は四肢のどれか一本を少し動かしただけでも、体全体の重心が必ず移動するため、その状態でもっとも次の動作に移りやすい、或いは、もっとも体力効率のよい(=疲労の少ない)姿勢を作るように、体全体の筋肉が協力して微調整に入ります。動物が魚から爬虫類に進化して手足を得て以来、この全身の筋肉が協調して動くシステムは、運動効率を支えるための最重要課題として体と脳に記憶されてきたもののはずです。ですから、二本足でバランスを取って立つことに成功できたからといって、そのあとすぐに腕や手を今のヒトのように自由に動かすことができたかといえば、そうではなかっただろうと思います。二本足で立ってはみたものの、体を動かすシステム自体は四足で歩いていた時の旧システムが作動したことでしょう。手だけを動かそうとしても、その旧システム(線条体)が即座に反応して、妙に全身が連動して動いたものだろうと想像されます。その後、手だけを自在に動かせるようになるためには、試行錯誤と体への動作の刷り込みがあり、線条体が記憶していたシステムを少しずつ大脳へと書き換え、こうして徐々に手が器用に使えるようになったのでしょう。また、この過程で、サルにはみられなかった大脳の発達が起きたのだと推測します。

さて、身体操法で求める動作は、故意に手作業用の運動システムを停止させ、四足の動物がそうであったように体全体の協調性のある動作を意識的に取り戻すことといえます。体の一部が動いたら、それに連動して体全体が動くように訓練します。もちろん、これは退化ではありません。目的を持ち、その運動状態を獲得するために意識的に訓練するわけですから、人間にしかできない行為です。そして、ここまでブログを読んで頂けたのならすでにおわかりの通り、この運動は、人間ができることのなかでも、もっとも難易度が高く、つまり、非常に高度で知的な行為だと言えます。

1 前書き
2 はじめに
【分類】 意識
【概要】 基本モチーフの説明
3 凧と凧糸 意識の操作と運動 
【分類】 意識
【概要】 企みが悩みになる意識の性質
4 光のしぼり 意識の性質
【分類】 意識
【概要】 二つの意識のメリットとデメリット
5 天才とは
【概要】 天才の性質を説明し、かつ、身体操法は天才でない人が学ぶための方法と説明
6 人間の進化の本当の意味
【分類】 進化
【概要】 企てたヒト 立ち止まって、動くのを止めて考えることを選んだ
7 身体操法で目標とする動作
【分類】 動作
【概要】 意識しなければいけないのに、意識すると難しくなるという矛盾
8 身体操法における動作要領
【分類】 動作
【概要】 具体的な動作要領
9 今の時代における身体操法の意義
【分類】 文化
【概要】 意識と行動を密着させる感覚を取り戻す手段としての身体操法
10 情報の整理
【分類】文化 
【概要】 普及しにくかった理由、時代を客観的に理解する
11 手作業の意味
【分類】 進化
【概要】 進化の流れから手作業の意味を解く
12 進化の反面
【分類】 進化
【概要】 ヒトの進化のデメリット
13 どうして健康になるのか
【分類】 健康
【概要】 身体操法と健康
14 究極のパズル
【分類】 パラダイム変換
【概要】 難しくて面白いパズルを例えにした説明
15 身体操法学習上の禁止事項
【分類】 練習容量
【概要】 具体的な練習方法に関して
16 AとBの性質の理解
【分類】 意識
【概要】  Bの性質の理解と活用法
17 師弟関係とは 身体操法の普遍性
【分類】 文化
【概要】 様々な分野での活用の可能性
18 パラダイム変換に関して
【分類】 パラダイム変換
【概要】 身体操法を通じて柔軟なパラダイム変換能力を身につける
19 姿勢と健康
【分類】 健康
【概要】 姿勢と健康



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。