スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指月 ~その2~

月とルービックキューブ

cube.jpg


リー先生は、
「考えるな! 感じろっ!!」と情熱的に教えていましたが、
私が生徒さんにいつもこんな感じで講習をしていたら、
ちょっとやばい人だと思われ、廃業してしまうでしょう(涙)。

そこが、リー先生のような天才と凡人の差。

武術を通じて目指す状態(動作やメンタル)を実現するには、
複数のことを並列して同時に行う必要があります。
そのうちの1つですら、日頃意識していない動作だと、
思うようにできないものです。

私は、変に真面目すぎて不器用というタイプで、
1つ教わると、前に習ったことができなくなるという、
絵に描いたような駄目教え子でした。

老師は、そんな私に次のように指導されました、
「ひとつのことに意識を集中し続けるな。
なんとなく頭に入れておき、練習を続けながら、
思い出したら意識をして注意し、
しばらくしてまた思い出したら注意をする、そんな感じでいい。」

これも逆説的に指月の喩え当てはまりそうです。

できる人は、できる感覚を実感できる。
まだできていない人には、その成功体感を実感できない。
だから、先生が生徒にどんなに言葉を労しても、
「指で示す」ことを超えられません。

私の場合、指月の喩えではなく、
ルービックキューブの話をします。詩的でないですが...

指導者は学習者を見ながら足りないと思う部分を指摘します。
指摘する部分は全体の一面でしかありません。
教わる側は、その一面を指摘されて100%矯正しようとするのは、
ルービックキューブの一面の色を完全に揃えることに似ています。

ルービックキューブをしたことをある方はご存知の通り、
先に1面の色を揃えると、6面の色を揃えることはできなくなります。

指導者にできない点を指摘されてその通りにできなくても、
余りくよくよせず、頭の片隅に入れておくようにします。
大切なのは、目指す6面体をより具体的にイメージしておくこと。
そうすれば、練習さえ続けていれば、身体が自ずとフォローしてくれます。
身体は相当に賢いですから。
私の場合、明らかに頭脳より、身体の方が賢いですね。

福岡八卦掌教室 指導員/大和晋(やまと しん)
HP http://baguazhang.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。