スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動きの質を変える ~その4~

動きの質を変える 
~その4~ 丸く重心移動させる

(前段はこちら、
~その1~ 落下状態を維持する: http://dahejin.blog68.fc2.com/blog-entry-38.html
~その2~ 全身を連動させる : http://dahejin.blog68.fc2.com/blog-entry-39.html
  ~その3~ 動きから角(かど)を取る: http://dahejin.blog68.fc2.com/ )

~その1~に添付した基本練習の中の、
歩法(走圏そうけん)と揉球掌の動作を取り上げた動画です。



“その3”では両腕の動作に丸みを持たせる
というのをやりました。
ここでは、歩法に丸みを持たせています。
角の取れた滑らかな曲線を描くように、
右足、左足と重心移動させます。
八歩で一周の円を描くならば、
計算上、一歩で45°の回転が必要です。
これだけ大きな角度で周り続けても、
カクカクとした動きにならないよう練習を積みます。

お相手をして下さった方は、
「予想できない動きなので身体が抵抗できない」と
ステージ上でおっしゃっていました。

動きの質を変えるのに、
息が上がるようなつらい練習は不要です。

福岡八卦掌教室 指導員/大和晋(やまと しん)
HP http://baguazhang.web.fc2.com/

追記:
私の学んだ八卦掌は、柔則綿里藏針(綿中に針を蔵す)ように
柔らかさを練りこみます。
綿のように柔らかく相手にまとわり、
自分の動きを奪われたところでとどめの針を刺します。
“柔能く剛を制す、剛能く柔を絶つ”
八卦掌では、立ち方、歩き方に十分な柔を得ると、
それを基礎にして次には針のような鋭い打撃(発勁)を修得します。

今度は安全に打撃の効果を見て頂けるような、
デモンストレーションの方法を考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。