スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"先天之気"と"後天之気"

~私が八卦掌を教える理由~

立体的な内容のため、
以下の文章は多少散逸的である。
最後まで読み進められれば、
内容に統一感が見えてくると思う。
※読者への不便をお詫びしたい。


道徳を兼ね備えない、
大人の打算は、
罪悪だ


道徳とは、
大人がどう死ぬか
(=どう生を全うするか)を
示す指針だ


子供は天使でも悪魔でもない
ちょうど両手の指で
左右反対方向に弾くと
回るコマのように
子供は勢いよく
創造と破壊を同時に繰り返す
好奇心が強く すぐに飛びつき
飽き易く すぐに捨て去る
そこに邪心がないため
そのエネルギーを
とうの昔に失った大人には
魅力的に映る


子供の放つ
その場で渦巻くような
純粋なエネルギーのことを
中国伝統医学では
”先天の気”という

生まれる前に授かった”元気”だ

成長しながら
その”先天の気”が耗滅する時が、
子供期間の終了となる


ヒトは長寿な動物だ
しかし、その長い一生のうちに
誠心誠意成し遂げられることは
ごくわずかしかない

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

それなのに年齢に応じ
数々の悩みや
困難に直面する

それでも、人がどうにか
生をまっとうしてきたのは、
曖昧の中にも
いくらかの共通点を重ねあわせて
共鳴できる能力を持ち合わせているからだ

大きな脳のお陰だろう


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ヒト以外の動物の共鳴は
主にface to face(場所)で
そして、live(時間)でなければ
成り立たない

ヒトは、
場所と時間を共有していなくとも
モノを媒体として
場所を越えて
時間を越えて
共鳴することができる


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

こうして
何十年、何十年と
命が紡がれる

この曖昧さを含む
包容力の高い
物と情報のクッション層を
文化という

人の世代交代は
この文化なくして
正常に機能しない

道徳もこの文化に含まれる


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

共鳴能力を高める環境要素とは

曖昧さ
雑然とした全体感
無駄
それに、当然少しは精微なビタミン

これらを混然と含む環境

逆説的だけど
そういうことだろう、たぶん

あらかじめ
正確な答えしか用意されてない状態では
曖昧さの中から
飛躍的に答えを推量して摑むという
ジャンプ力が鍛えられない

野菜が生きるのには、
純粋な栄養(化学肥料)と
周りの余計に見える命
雑草や虫を排除する農薬があればいいだろうと

それで、土壌が硬く痩せ
結局、元気な野菜が作れなかったように

精製された
穀物や糖類だけの摂取は身体に悪いように

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

自分で苦労して
自分の食べるものを育ててみる
自分の着る服、
使う道具を
手作りしてみる

大切な人に
それらを贈ってみる

そういうことは
いいことだと分かっていても
生産性からすれば
効率が悪く
ハイコストなので
逆に生活にゆとりのある人が享受できる
贅沢な行為となっている

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

安全で美味しい食べ物が遠ざかる
健康を損なえば医療費は高まる

伝統的な手仕事が失われていく
孤独化する老人の養護費用は高まる

共鳴する能力が極度に低下した人が
起こす犯罪の増加

こうしたリスクが現実化した時に
社会が必要とする
リカバリーコストを考えれば
もう、どっちが本当は合理的で
ローコストなのか明白な時代になった

戦後、必死に獲得してきた
便利さと合理性は
共鳴で人と人をつなぐ
ものづくりのラインを
ずたずたに断ち切ってきた

時間のかかるものづくりの
機会を失った大人は
大勢で協力して生活する場所も
若い世代から尊敬される機会も失った

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

元気な野菜が育つには
雑多な生命豊富な
柔らかい土が必要なように

そういう土壌を作り直すには
時間がかかるけど

同じように
人が育って死んでいく
豊かな土壌としての
伝統的な文化や道徳が必要だ

曖昧なものを
そのまま受け止めたり
誰かに伝えたりするのには
胆力や肚が必要だ

でも、今の時代に
一番大切なことの1つに違いない

だから、
時間がかかるけど
効率的ではないけど
全然収入減っちゃったけど
以上の理由から
八卦掌という伝統文化を
教えることを生涯の生業にすることに決めた


追記:
北京の信老師より、
八卦掌は後天の気を補う優れた方法であると学んだ。

私の指導する八卦掌が、
いくら安全なものとはいえ、
武術である以上、時に命について
緊張感をもって考察する機会を持つ。

練功が上手くいき、
上達すればなおさらのことだ。

全身の操作が容易になると、
容易に力をだすことができるようになる。
傷つけようと思えば、
簡単に他者を制し、
痛めつける技巧が身につくからだ。

こうして、
緊張感をもって命について考えること、
他者について考えること
他者と信頼関係を築いていくこと

これら全てが
しっかりとした大人として
“後天の気”を補う能力となるのだと
確信している。

福岡八卦掌教室 指導員/大和晋(やまと しん)
HP http://baguazhang.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

大和さんの八卦掌に対する思いは時間はかかっても何らかの形で実を結ぶと思います。

平坦な道ではないかも知れませんが、歩き続けてもらいたいと思います。

No title

早乙女玄馬さま
コメントありがとうございます。
こうした一つ一つのお言葉が、
私にとっては大きな励みになります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。