スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

從根動(根から動く) ~その3~

“暖簾に腕押し”の言葉のとおり、
相手が暖簾のようであれば力が伝わらない。
したがって、相手をコントロールすることも難しい。

・・・・・・・・

カエルの脚に電流を流す実験などでも知られる通り、
筋肉は刺激信号を受け取ると収縮する。

同じように、不意に誰かに摑まれたり、
あるいは、急に体のどこかに拘束を受けるような
危険な状況においては、
摑まれるという刺激を受けた
部分の筋肉が緊張する(こわばる)。

・・・・・・・・

お気づきだろうか。
こうしてこわばった体、
あるいは体の部位は“暖簾”ではなくなっている。
従って、相手が体力で自分より優る場合、
相手から動きをコントロールされやすいよう、
自分から取っ掛かりとなる場所を
提供していることになる。

じゃあ、脱力すればいいのか?
というとそれだけでは足りない。
脱力すれば、一瞬相手はひるむだろうが、
自分が脱力したままでは、当然のことながら、
自分の動作のコントロールも維持できない。

正解の1つは、
敵に接触されていない部分を動かすことである。

刺激に収縮する筋反応は習慣化されたものなので、
触れられた部分の筋を緩め、
それ以外のことろを積極的に動かすには、
練習が必要だが、逆に言えば、
練習すれば誰でも出来るようになる。

これは、また“根から動く”ということと
ニアイコールでもある。

“根から動く”ということは、
以前に書いたように出力を大きくしたり、
技の効きを良くするという以外にも、
こうして、防御から逆に相手を制する時にも
大いに有効となる。

昨日、福岡の天神で開かれた
護身用法の体験会ではこの辺に重点をおいて
講習を行った。

参加者の方々がこの目からうろこの理論を
実際に体験され、大いに楽しんで帰られた。
こうして体の不思議や、
体の優れた能力をより多くの人が理解されるのは、
私にとってもとても嬉しいことだ。

【参照】
「從根動(根から動く) ~その1~」
http://dahejin.blog68.fc2.com/blog-entry-50.html
「從根動(根から動く) ~その2~」
http://dahejin.blog68.fc2.com/blog-entry-52.html

福岡八卦掌教室 指導員/大和晋(やまと しん)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。