スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八卦掌は何故止まらないのか?

走圏
八卦掌は何故止まらないのか?

渾元一氣走天涯,八卦真理是我家。
步步不離腳變化,站住即爲落地花。
これは八卦掌の重要な要訣を謳ったもので、以前のブログ(“落ちずに舞う花” )でもご紹介した。

武術において自分のバランスを保つことの重要性も前々回のブログなどで触れた。しかし、写真の通り八卦掌の基本功である走圏の時は身体があからさまに斜めになることもある。どの中国武術にも共通する要訣として立身中正という言葉があるが、その決まりを破っているように見える。

ある状況下においては、この“斜め”がバランスの答えになる。

自分の身体の重さに逆らわず歩くと、カーブの時には慣性により全身に遠心力が働く、つまり曲がろうとする方向とは逆に働く力が生じる。その自然に働く遠心力に身体がもっていかれないように、バランスをとると写真のように身体が斜めになる。つまり、身体が斜めなのは、バランスを崩してまで難しいことをしようとしているのではなく、無理なくバランスをとることを目的として斜めになっているのだ。

そしてこの旋回軌道は、副産物として円錐状に回転しながら、つまり渦状に力が凝縮される効果を生む。身体をまっすぐに立てて円軌道を進む時よりも、接触する相手に対し遥かに効果的に力が伝わる。それが、八卦掌の最も特徴的な強さの一つである。※あぁ、今日の練習の相違点説明動画撮っておけばよかった…

“斜め”でもバランスを崩さない方法として、“回転運動を続ける”という解を用いる。だから、八卦掌はゆっくりでも止まらないように稽古するのだ。理論上は独楽と同じで、止まれば倒れる。通常同居できない二つの相反する要素(この場合、“斜め”と“倒れない”)を包含し、それを凌駕する次元(動きを止めない)に引き上げる。八卦掌以前の中国武術の基本功が立禅(静止禅)であったのに対し、八卦掌が基本功に走圏(動禅)を据えた理由である。もちろん、どちらが優れているということはなく、どちらも極めて重要である。

このように中国武術と言うのは、たくさんの矛盾を自分の身体で体感しながら融合昇華していく知的で面白い学問である。

また、上述した走圏の技術を身につけるためには、まず、まっすぐゆっくり歩いても自分の体重に働く慣性を敏感に感じ取れるように稽古する。そのためには、機関車の機構のように股関節以下の全ての関節が柔軟である必要がある。それが、細かく規定された走圏の要訣の目的である。

福岡八卦掌教室 指導員/大和晋(やまと しん)
HP http://baguazhang.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。