スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武術が大好きな理由の一つ

~站樁あるいは、立禅について~
光の三原色
独楽

昨日、生徒さんより“八卦掌は站樁をやらないのですか?”という質問を受けた。八卦掌も流派や指導者によって教え方が異なる。私の知っている範囲では、梁派には站樁はなく、尹派にはある。尹福の場合、董海川から八卦掌を学ぶ前に、站樁を基本功とする他の武術を修得していた。そのため尹派は站樁も練る。

私は站樁を習わなかったので、一時期自分で模索しながら站樁を練った。私の八卦掌の老師も自身は站樁をやったことがありその効用を知っていたので、私が站樁の自主練習を始める時はアドバイスを頂いた。そして、今は站樁が非常に重要なものだと理解している。身体は動いていなくても全身を協調して用いて重心を移動させることはできる。それを技に応用させる。そのため、武術の動作は精妙になるに従い、外見上実際に動いているか動いていないかの差は明確でなくなる。

以下、頂いた質問ついでに站樁について以下のように説明を加えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
光の三原色をご存知でしょうか。そのうちの二色の混ぜ具合で全ての色を生み出せます。ですが三色を全て混ぜると透明な光になります。

それと、おもちゃの独楽(こま)ですが、最も加速して安定的に回っている時には停止して見えます。

なんのお話かと言いますと、今日ご質問いただいた站樁のことです。全方向(上下前後左右)に同時に動くと停止しますが、それが站樁です。全方向への動作を含むと動作が無くなるということです。つまり、站樁というのは眼に見えないだけで完全な動作なんです。次の瞬間にどの方向にも動くことができる状態を目指します。そして、次の瞬間に動くことのできる筋肉は今休んでいる筋肉だけなんです。これが身体で感じられるようになると站樁が楽しくなります。稽古のご参考にしてください。

地球上には稀にこういうことが起こるんですね。全てを含むと無くなる、あるいは見えないものには全てが含まれていることが。それを身体で体験できるのも武術の素晴らしい点です。動作が速い、遅い、或いは、動作が大きい、小さい。力が大きい、小さい、そういう通常比例的に増減する現象が覆るときがあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇宙は大爆発と共に誕生し今も拡大し続けているという理論があります。時間も延びたり縮んだりすると聞きます。空間と時間(時空)が同時に誕生したのなら、過去から未来までの全ての時空の存在は、時間軸上のゼロ、つまり限りなく短い今という刹那に含まれている可能性があります。色即是空、空即是色ですね。なんと自由な空間でしょう。

武術をやっていると、一見停滞して見えるもの、一見何もないようなことに、全ての答えが隠されているのではないかとつい考えてしまいます。この究極的な謎解きというか、パラダイムシフトがとても知的で楽しいのです。

福岡八卦掌教室 指導員/大和晋(やまと しん)
HP http://baguazhang.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。